クレジットカード

Quick Payって何が便利なのか調べてみた!

投稿日:2016年10月29日 更新日:

Apple Payの開始でQuick Payって結局なにがいいのって?話になるので調べてみました。

後払い式の電子マネー

Quick Payは後払い式のクレジットカードになります。コンビニなどで利用した金額がクレジットカードに請求がきて支払うということになります。

クレジットカードで支払うのと何が違うのかってことになりますが、読み取り機にかざすだけで一瞬で決済完了し、サインや暗証番号入力がいらない点が大きな違いといえます。

ポイントもそのまま貯まる

Quick Payで支払いした場合もクレジットカードで支払いした場合と同様にポイントが貯まります。他の電子マネーだとポイントが貯まらないものもあるのでQuick Payを選択する価値がありますね!

クレジットカードがないと利用できない

そもそもQuick Payはクレジットカード会社がカードの発行に合わせて付帯させる電子マネーになるので、クレジットカードを持っていないと利用できないことになります。そして支払いもカードの請求に合算でくるのでチャージ等が必要ない電子マネーということになります。

セキュリティーが心配

簡単に利用できる分、第三者から利用される恐れがありますね!しかし、Quick Payはクレジットカード会社の紛失・盗難の補償の対象ですので不正利用に関しては補償を受けることができるので安心です。
もし不正利用された疑いがあれば、すぐにカード会社に届け出を行いましょう。
また、Quick Payは一回の会計で合計20,000円までしか決済できないという制限があるため高額な利用ができな点も安心です。

審査が甘いクレジットカード厳選10枚!主婦でも申込みOK!審査通過のコツを解説【2017年最新版】

Apple payはQuick PayとiDのみ対応

話題のApple Payは電子マネーとしてQuick PayとiDだけに対応しています。後払い方式の電子マネーを採用しているということですね!
やはりチャージなどの手間がない分使いやすい点がよかったんでしょうね!

-クレジットカード

Copyright© まっちゃん部屋 , 2017 AllRights Reserved.