デビットカード

デビットカードの今とこれから

投稿日:

デビットカードって?

デビットカードとは、販売店(デビットカード加盟店)での購入代金の支払いを、現金の代わりに銀行など金融機関のキャッシュカードを利用して行うシステムのことである。そして、1998年に、銀行や流通会社などによって設立された日本デビットカード推進協議会が普及・促進を図っている「ジェイ・デビット」が日本版デビットカードである。その総枚数は3億5000万枚にもなり、現在銀行や信用金庫、信用組合、農協、郵便局など1500を超える金融機関のキャッシュカードが利用可能。利用できる加盟店も年々増え、成長し続けている。

国際デビット

上記で紹介したデビットカードの国際版が国際デビットと呼ばれるものである。カードの発行枚数はすでに4億3300万枚を超え、ショッピング可能な加盟店数は420万店を超えている。これまで日本では、一部の金融機関(郵便局等)でのキャッシュサービスは行われていたが、国際サービスのショッピングは行われていなかった。加盟店の手数料率はジェイ・デビットと同じで、クレジット決済に比べて手数料がかなり安くなる。外国人の消費者向けに「新たな決済手段」としての導入が期待されている。

クレジットカードとの違い

クレジットカードが「先買い、後払い」というシステムなのに対して、デビットカードは、カードで決済すると代金が即座に口座から引き落とされる、即時決済である。つまりクレジットカードは預金口座に残高がなくても使えるが、デビットカードは残高がなくなってしまうと使うことができない。ただ、支払いは現金で行いたいという消費者にとっては、わざわざ銀行で現金をおろす必要がなく、店頭でキャッシュカードを出し、暗証番号を入力するだけという手軽さがメリットである。

ジェイ・デビットの課題

①ブランドとして確立していない

②消費者の認識不足(キャッシュカードとは別にカードがあると勘違いしている等)

③利用時間帯が金融機関の情報処理センターの稼働時間によって決められてしまう(特に深夜は使用しづらい)

主な課題としてはこの3つが挙げられる。

今後はさらに消費者の利便性を高めること、国際デビットカードの相互乗り入れなども視野に入れた改善を行うことで、より大きな成長を遂げるだろう。

-デビットカード

Copyright© まっちゃん部屋 , 2017 AllRights Reserved.